スマホを家族に使われて故障したパターン

スマホやケータイは大好きで頻繁に使う生活でした。それで家族にもスマホを貸して遊ぶこともありました。以前は家族にスマホを貸したら故障したので大問題になりました。症状は起動しないというもので理由が分からなかったです。私は朝になって家族にスマホを貸して外出しました。それで夜になってからスマホを見たら故障していました。家族の者は操作していたら突然壊れたということを言ってきました。私もよく状況が分からなかったため修理は必須だと思いました。故障したスマホは起動しなかったので放置しかなかったです。その間は昔のケータイを使用して工夫をしました。しかしケータイは使いにくかったので辛かったです。修理費用はあまり高くはなかったので自分で支払いました。その後で専門店でおかしかった部分を聞きました。スマホが壊れた理由は寿命だと言われてショックだった記憶があります。つまり自分で使っていてもそのうちに故障したのです。スマホやケータイは高いのであまり交換したくない気持ちがあります。しかし生活の質が下がるのでスマホやケータイは手放せないです。故障から修理の流れでストレスも大きかったと思います。そういう結果だったのでスマホが復活した時は心から安心できました。33歳男性で既婚者です。私がスマホを初めて持ったのは、忘れもしません25歳と時です。なぜ忘れもしないと記述したかというと、持ったその日に落として画面にヒビを入れてしまったからです。今となっては思い出すたびに、笑ってしまう事件ですが、当時の私にとってはただただ大事件でした。なんで落としてしまったのか、なぜ画面の保護フィルムを貼らなかったのか、携帯カバーを買わなかったのか。悔やむ点は多々ありますが、一番の原因は落としてしまったという事実です。では、なぜ落としてしまったのか。当時は思いも付きませんでしたが、今となっては明確な答えがあります。それは、持ち慣れてなかった。これに尽きると思います。初めてスマホを買ったという事は、ほぼほぼ初めてスマホを手にしたという事になります。だからこそ、慣れるまではじっくり丁寧に扱い、万全の準備(保護シール・スマホケース)が必要だったという事になります。皆さんお分かりでしょうが、画面にヒビが入ったくらいではまだ使用は可能です。ですが、買って即日という事であまりにショックが大きかったので、修理に持っていくことにしました。幸い、修理保証に入っていましたので負担は軽かったですが、気持ちの負担は重くて修理が終わるまでは落ち込んでいました。それからは、万全の準備をし初心者としての自覚を持ち、行動する事を心掛けました。今となっては、慣れって怖いですね。保護シールもスマホケースもありません。皆さん気を付けましょう。

|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ